ケーススタディ

豊富なケーススタディ

実際に現場で起きた問題をもとに作成された豊富なケーススタディを提供しています。
ケーススタディで学んだ事例を自分に置き換えて想定することで、あらゆる状況に対応するビジネスマンを育成します。

ケーススタディ公開中!

ケーススタディの例を無料で公開しています。

ケース1 忙しくてOJTどころではない

【事例】

鈴木係長がA工場に出社すると「山田と北川と前島が休暇にしたいと伝言してきた」との報告があった。なぜ前日に言ってくれないのだと、腹が立つ。それに、前島が休みをとったのはちょっと気になる。今年入社したばかりだが、彼はこれまでまじめにやってきて、仕事にも慣れてきたところだ。

なかなか見込みがあると思っていた矢先なのに。山田と北川が休んだことと関係がなければよいが。この2人は要注意だ。前にも2人一緒に休んだことがあった。どうも山田が北川を誘っていたらしい。山田はギャンブルが好きなようだ。一度注意しておいたのだが…。

3人欠けたので応急に作業計画を組み直さなければならない。北川の仕事はやれる人が少ないので、やりくりが大変だが、どうするか。それに今日から、パートタイマーの女性が4人入ってくることになっていた。これは、西野リーダーにやらせよう。

西野リーダーがやってきて「3人一緒に休まれたのでどうにもやりくりがつきませんよ。パートの指導もしなければならないし。すこし生産計画を変えてくださいよ」と言う。それはできない相談だ。何としてでも、今日の計画は達成しないといけない。西野リーダーも弱気で困る。

検査課から電話が入った。「きのうの分が不合格だ。早急に手直しをしてくれないと困る」とのこと。何でまたこんなときに。手を打つ以外にはないが、なぜ不合格になったのだ。このところ、よく抜取検査不良が出る。原因はわからないが、手直しが先だ。西野リーダーを呼んで、検査課に行くよう頼んだところ、「この忙しいのに困りますよ。こちらの仕事はどうなるんですか」と言う。結局、自分で行かなければ仕方がない。

何とか手直しはききそうだ。しかし、今日は残業をさせる以外にはないな。西野リーダーを呼んで「今日は残業で計画だけは何とか達成してくれ」と言い渡す。西野リーダー。は「困ります。今晩は約束があるんです」と言う。この言い方は何だ。しかし、西野リーダーができなければ、自分でやる以外にないか・・・。

それにしても忙しい。こんな状態では、ロット不良の原因分析を徹底的にやることもできない。パートにも十分訓練しておかないと不良の原因になるが、西野リーダーも頼りにならない。だれかほかのやつにやらせたいのだが、いまのところ彼しかいない。

そのとき、能力開発課から電話が入った。「OJTの進め方訓練をやりたいので相談に乗ってほしい」と言う。冗談じゃない。この忙しいのにOJTなんかとんでもない。能力開発課は何を考えているんだ。現場の実態も知らないで、勝手なことを言ってくる。それより、もっと人をくれと言いたいよ。

【設問】

鈴木係長はどんな対応をすればよいでしょうか。